特定商取引法に基づく表記

運営責任者: 柴野雅樹
所在地:東京都渋谷区神泉町10-10-6F
Eメールアドレス: school@yumerita.jp

※当サイト内で掲載された情報については充分に注意・確認しておりますが、場合によっては情報が最新ではない、もしくは間違っている可能性もあります。

マネーメイドオンラインサロンプロジェクト レビュー

佐藤です。

今回は、バイナリーオプションで76連勝という凄い実績をたたき出した案件をレビューします。

案件名は、「マネーメイドオンラインサロンプロジェクト」。

販売ページのコピーから見ていきます。

76連勝を叩き出しながら

約2300人全員が即金ゲットに成功した

夢の企画に特別ご招待!

このプロジェクトのビジネスモデルは、バイナリーオプションのシグナル配信です。

 

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションというのは、FX取引の一種です。

バイナリーオプションの具体的な取引方法は、数時間後(判定時刻)の為替レートが、あるレートより「高いか」「低いか」を予測するという、二者択一方式の取引方法です。

例えば、現在のドル円レートが110円だった場合、「2時間後(判定時刻)に110円より高いか、低いか」を予測して取引し、予測どおりであれば利益が払い戻されることになりますが、予想が外れればその取引に投じた金額は没収になります

バイナリーオプションでは、結果が予測をはずれたとしても、損失額はチケット購入金額のみとなります。つまり、FXのように購入した金額以上の損失を被ってしまうということはありません。

 

本来バイナリーオプションの取引を始めるなら、通常のFX取引から入ってチャート等の値動きを見れるようになってから、参入すべきなのですが、2者択一で、一見簡単に始められるため、いきなり初心者が参入することも多いみたいです。

という、バイナリーオプションですが、2択といっても76連勝というのは凄い成績です。

(本当ならですが・・・。)

そんな凄いシステムを今回無料で、モニター提供していただけるそうです。

まず初めに、このプロジェクトの主催者についてみていきます。

マネーメイドオンラインサロンプロジェクト 柴野雅樹氏について

柴野雅樹氏という方。

柴野氏は過去にも様々なオファーを出されていますね。

例えば、

「金のなる木プロジェクト」

「レンタル錬金術」

等がありますが、あまり評判は良くないようです。

今回は、まともなプロジェクトなんでしょうか・・・。

 

プロモーション動画について

動画内容としては、バイナリーオプションで、今回提供するシグナルがいかに稼げるかを強調するものでした。

動画は一話完結もので、続けてのローンチはないようですね。

ただ、この無料プロジェクトに参加するためには、GMOクリック証券に口座開設をしなければならないようです。

おそらく、この動画を見て口座を開設した人がいればアフィリエイト収入が柴野氏のもとに入ってくるんでしょね。

通常、口座開設されたときにアフィリエイターに入る収入は1件数千円から、2万円ぐらいまでです。

販売ページに、モニターが既に2300人いるとありましたので、1件1万円としても2300万円ものお金が柴野氏のもとに・・・。

これなら、下手に高いお金をかけてローンチのプロジェクトを組むより、よほど手っ取り早く稼げそうですね。

 

今後のマネーメイドオンラインサロンプロジェクトは?

このマネーメイドオンラインサロンプロジェクト、どうやら希望者に、有料のツールが用意されているようです。

ためしに無料版を使ってもらって、気に入れば、有料版を購入してもらうということでしょうか。

ただ、どのようなツールを使って今後も76連勝というような驚異的な数字を叩き出せるか定かではありません。

ツールは、やはりある程度のトレードができるようになってから、補助的に使うべきだと思っています。

そうしないと、ツールが機能しなくなった時に思考停止になってしまって正常な判断が出来なくなってしまうからです。

 

初心者は、ツールを使って最初から楽に稼げると思わない方が賢明です。

最初は基本基礎を学んで、自分で考える癖をつけないと、結局遠回りすることになります。

このプロジェクトがどうかはわかりませんはが、悪意のあるスキームがあるのも事実です。

甘い話には裏があるのでご注意を!

 

まとめ

・マネーメイドオンラインプロジェクトのビジネスモデルはバイナリーオプションのシグナル配信である。

・今回のプロジェクトに参加するためにはGMOクリック証券に口座開設しなければならない。

そして、口座開設する人がいればアフィリエイト収入が柴野氏のもとに入ってくることになる?

・76連勝を謳っているが、今後とも勝ち続けられるかわからない。

・初心者は、まず自分でトレードができるようになってから、ツール類を使うべきである。

 

以上のことから、このプロジェクトは様子見とさせていただきます。